HOME>レポート>結婚指輪の相場は意外と安い!若人でも求めやすくなっている

結婚指輪の相場は意外と安い!若人でも求めやすくなっている

手

平均的には10から20万

年齢や使用されている金属、更にダイヤモンドを使用するか否かによって、結婚指輪の相場価格は大幅に異なります。宝石を使用していない物のほうが、使用しているものよりも断然安くなっており、プラチナ使用よりホワイトゴールドのほうが割安です。金属の特徴や金属の種類によって大きく異なっていることや、2人分を購入することを検討して、トータルで計算されています。平均的な結婚指輪の相場としてあげられているのは、10万から20万前後ですが、若年層ほど低く年齢が上がるにつれて相場も高くなるでしょう。使用している金属だけでなく、ブランドや手作り、オーダーメイドで使用されているものを作るかどうかによって、大きく価格に違いが出てきます。

結婚指輪

金属・非金属と色々

相場よりも安くなりますが、アレルギーを持っている場合にはアレルギーフリーな結婚指輪を選ぶ人が少なくありません。チタン・ジルコニウムといったレアメタルの場合、アレルギーフリーの素材として選ばれることが多いといわれています。これらの素材の場合にはプラチナや金を選ぶよりも割安となることが多く、相場としては10万円を切ることも少なくありません。ただし、デザインや作り方によっては相場と同様の価格になることも少なくないため、選ぶ時には慎重に検討をしましょう。プラチナや金は平均的な結婚指輪の素材といえますが、なかでもホワイトゴールドは見た目がプラチナに似ている上に価格を抑えられるので人気です。非金属よりも金属、ホワイトゴールドを使う人が多く、非金属のなかでもチタンは多くの人に評価されています。